ニュース

ノートルダム大聖堂の出火原因は修復作業が原因?場所はランスで入場料や芸術作品は何がある?

ノートルダム大聖堂で出火?原因は?

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で日本時間16日未明、大規模な火災が発生しました。火災により同寺院の尖塔が崩壊。2000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されていると報道がありました。

火災はフランスのカトリック教徒らがイースター(Easter、復活祭)を控える中で発生し、ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは戦慄の表情を浮かべてその様子を見守っているそうです。

広報担当者はAFPに、火災は15日午後6時50分ごろ(日本時間16日午前1時50分ごろ)発生し、炎により屋根を支えていた木製構造物が破壊されていると語ったそうです。消防当局によると、火災は中で行われていた修復作業と関連している可能性があるとされています。

エマニュエル・グレゴワールパリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明しています。寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べているそうで一刻も早くの行動が必要です。

パリ市警はツイッターで、住民に対して周辺地域を避けて救急車両に道をあけるよう呼び掛けた。パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長はツイッターで、「恐ろしい火災」と述べていて「パリ消防当局が鎮火を試みている」とツイートしました。

エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は「ノートルダムを襲っている恐ろしい火災」のため、15日夜に予定していた政策関連のテレビ演説を中止して現地にむかっているそうです。

パリ市内では、セーヌ(Seine)川に浮かぶシテ島(Ile de la Cite)に建てられたノートルダム寺院に向け消防車が急行する様子が見られています。AFP記者によると、川にかけられた橋では数百人が火災の様子を見ようと集まり、中にはスマートフォンで撮影している人もいて注目の高さを物語っていますね。

 

ノートルダム大聖堂の出火原因は?

ノートルダム大聖堂というと1991年に、周辺の歴史的建築物などとともにユネスコの世界文化遺産に登録されたパリ屈指の観光名所として知られ、日本人の観光客も多く訪れる場所ですね。

そんな大聖堂ですが建物の上部に炎が見え、大量の煙が出ていて大聖堂の改修工事が原因になった可能性があるといわれています。

ノートルダム大聖堂とは?場所は?

パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris、ノートルダム寺院とも) はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂です。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された大聖堂です。

現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されていて、ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指します。

パリのノートル・ダム大聖堂の正面に向かって左側のポルタイユ(正面)には、聖母マリアの聖母被昇天の主題が取り上げられています。中段では聖母マリアが地上における生を終える場面が描かれ、上段でキリストから祝福を授けられている聖母マリアが鎮座しており、 キリストを中心にして天使や聖人たちが描かれており、過去、未来、未来という崩れた構成となっています。

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂の入場料は?

日本人にも有名なフランスはパリのランスにあるノートルダム大聖堂ですが、入場料はどれぐらいかかるんでしょうか?

調べた結果、ノートルダム大聖堂内への入場料は無料となっています。そのため、大聖堂内であればパリを観光がてら気軽に立ち寄ることができ、観光客でも入場料かからずに自由に出入りすることができます。

ノートルダム大聖堂内で入場料がかかるのは、塔になります。ですが、塔も18歳未満であれば入場料がかからないので、若い世代の方にはおすすめです。18歳以上の方でも入場料が10ユーロとなり、日本円でだいたい1300円くらいです。

入場料とは別に、ガイド付きの音声が5ユーロで手配することができます。日本語訳もあるので、初めてノートルダム大聖堂へ観光の際はおすすめです。基本的に入場料は無料なので、いきなり思い立っても立ち寄ることができます。

また、ノートルダム大聖堂の営業時間は、朝8時からオープンしています。月曜日から金曜日の平日は、18時45分まで入場料のかからない大聖堂内を散策することができ、時間ごとに変わりゆく景色を楽しめます。

土曜日、日曜日の休日には19時15分までと平日より30分間長い時間内部を散策することができます。入場料のかかるエリアは夜遅くまで混み合っていますが、入場料のかからないエリアは閉館時間に近いほど人が少ないです。

行き方にもよりますが、外観も時間によってさまざまな表情を楽しむことができます。昼前後は混み合っている可能性があるので、ゆっくりと大聖堂内を見学したい方は平日か午前中、もしくは閉館間際に訪れるのがおすすめです。

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂の注意事項

ノートルダム大聖堂は、今でも多くのキリスト教から神聖なる場所として大切に保管されています。そのため、観光客も見学時のマナーをきちんと守る必要があり、気持ちよく観光を楽しみましょう。

まず、服装に決まりがあります。ノートルダム大聖堂ではフードや帽子などで頭を覆い隠すことは禁止されています。帽子やフードは必ず取って観光してください。また、女性は肌の露出が多い服装は控えるようにしましょう。

ノートルダム大聖堂では多くのフォトスポットが点在しています。ですが、大聖堂内部ではフラッシュをたくことが禁止されています。お祈りやステンドグラスに反射し、邪魔になってしまうので撮影の前に確認しておきましょう。

世界遺産にも登録され、今では世界中から多くの観光客が訪れています。ですが、ノートルダム大聖堂へは今でも熱心にお祈りを捧げている人も多くいます。邪魔にならないように観光客は静かに見学するようにしましょう。

ノートルダム大聖堂の芸術作品は?

最後の審判

聖母マリアの門

聖アンナの門

薔薇窓のステンドグラス

大聖堂内のレリーフ

Original

大聖堂内

ガーゴイル

ノートルダムの鐘

ノートルダム大聖堂への行き方

ノートルダム大聖堂への行き方は、フランスの地下鉄を利用するのが一般的です。その中でも行きやすい行き方が、メトロの4番線、Cite駅を利用することです。Cite駅からは徒歩で行くことができ、1番わかりやすい行き方です。

他の方法での行き方は、1号線、7号線、11号線、14号線にある「Châtelet」駅を利用することです。Châtelet駅からも徒歩で行くことができますが、フランスの地下鉄に慣れていないと少しわかりづらいかもしれません。

フランスにはC号線でノートルダム駅も存在します。自分のいまいる場所から1番アクセスしやすい行き方を探してみてください。パリの中心部に位置しているため、基本的にはどの駅の行き方でもアクセスすることができます。

ノートルダム大聖堂は地上に出るととても目立つ建物なので、地下鉄を降りて出口がわからない場合でも、地上に出れば行き方がわかる可能性があります。入場料がかからないので、パリを散策がてら立ち寄ることもできます。

ノートルダム大聖堂の火災についての反応は?